紫外線の種類

シミの原因のほとんどが紫外線によるものです。
紫外線が当たるとメラニンが生成され、シミの原因になってしまうのですね。
また、紫外線を浴びすぎてしまうと、皮膚がんの危険性も出てくることから予防が必要です。
一時、「日焼けした小麦色の肌が健康的に見えて良い」とか、
「ガングロ」と呼ばれる顔の黒い女の子たちが一世を風靡しましたが、
やはり黒より白が好まれる時代へと戻っています。
皮膚がんやシミなど、肌の健康を考えても、やはり紫外線は避けるべきなのです。
紫外線は太陽の光の一種です。
紫外線のほかにも太陽からはガンマ線やX線などが発せられていますが、
そのほとんどが地球上に届いていません。
しかし、紫外線は地球上に届き、窓やカーテンまでも通過しています。
美しくありたい女性にとって紫外線は本当に厄介なものですが、
紫外線には、3種類あるのをご存知でしたか?
紫外線の3種類とは「紫外線UVA」、「紫外線UVB」、「紫外線UVC」というものです。

 

・紫外線 UVA
紫外線UVAは、降り注いでいる紫外線の90%近くを占め、
活性酸素を発生させ、肌の奥にまで到達します。
つまり、皮膚の奥真皮層にまで届くので、コラーゲン繊維などを破壊し、
肌のハリや弾力を奪います。
紫外線UVAによってシミやシワになってしまうのです。

 

・紫外線 UVB 
紫外線UVBは、白内障や皮膚がんの可能性を高めます。
ひどい日焼けをすると肌が乾燥して赤くなったり、水ぶくれになったりしますが、
それはこの紫外線UVBが影響しています。
本来であれば、紫外線UVBはオゾン層に吸収されるのですが、
近年はオゾン層が破壊されているということもあり、
地球上に届かないはずの紫外線UVBによって、私たちの皮膚はダメージを受けています。
・紫外線 UBC
紫外線UBCは、紫外線の3つの種類の中でも最も有害なものです。
あまり聞き馴染みがない紫外線ですが、UVBよりも皮膚がんの発症率が高く、
少量であっても私たちの健康を脅かす存在となることから心配されています。