シミのレーザー治療

気になるシミを、即効的に何とかしたい!と思うと、
エステや美容外科などに行ってレーザー治療を受けよう!と考える人も多いと思います。
ですが、レーザーは肌にとても強い負担がかかります。
レーザーによってシミの治療をしたのに、
数週間経って濃いシミができてくることもあります。
強い負担がかかり、弱ってしまった肌にさらに刺激が加わることによって、
肌の状態は悪くなります。
そうすると、シミができやすくなりますし、
濃いシミになったりします。
しかし、これはレーザー治療が悪いというわけではありません。
レーザー治療の後の肌ケアが問題です。
レーザー治療の後は、肌が強い刺激を受けて弱っています。
ですからいつも以上に肌を大切にしなければなりません。
施術した部分を刺激したりすることはしてはいけませんし、
いつも以上に紫外線対策をしなければいけません。
レーザー治療の後は、肌が敏感だというばかりではなく、

メラニン色素が増殖していますから、
そのようなときに紫外線を浴びたら、濃いシミができてしまうのは当然です。
レーザー治療によってシミを消すのは、大きなリスクを伴います。
レーザー治療そのものは、きちんとしたメカニズムのもとで行われているので有効です。
ですが、その後のケア次第で、とんでもない肌トラブルがおき、
取り返しにならない事態に陥ってしまっている人もたくさんいるというのは事実です。
シミをレーザー治療で治すのであれば、
確かな腕を持った医師のいる病院で行いましょう。
また、レーザー治療後のアフターケアについても万全な病院で、
きちんと正しいケアを指導してくれるところで施術を受けるべきです。